Category Archives: 未分類

  • 0

自作リフロー炉を作ろう①~予算2万円~

品質解析編担当中嶌です。

今回から時々、自作リフロー炉を作ることを連載していきます。

初めにいますが、自費のためお金がないです!!笑

従って予算は2万でそこそこのものを作るのが目標です。

ご指導やコメントいただければ幸いです。

なぜ自作リフロー炉が必要か?なんか面白そうだから

“Read More”

  • 1

QC工程図記号の意味と特に注意すべきこと

品質解析業務担当の中嶌です。

私は、仕事柄他社の基板や部品の評価や工場の監査をすることが多いです。

工場の監査をする際にはQC工程表(図)とよばれる一枚の紙を、事前にいただきます。

QC工程表とは、

 

一つの製品について、原材料・部品の供給から、完成品となり、出荷されるまでの工

程を図示したものです。

下図参照)

cp021

引用:日本はんだ付け協会HP

この工程の流れに沿って、

①何を(管理項目)、②誰が、③いつ、④どこで、⑤どのように管理したらよいか

を定めているかが記載されています。

監査なんかしたことない!という方に今回監査のポイントとQC工程表の図記号の読み方まで情報を提供したいとおもいます。

【工程図記号の意味】

みなさん仕事などでフローチャートを書いたことありますでしょうか?

ひし形が「判断」を示すとか、四角は「処理」を示すだの各記号に意味がありましたよね?

QC工程図もこのように工程を分かりやすくするため、図示されます。

いかに基本的な例を記載します。

基本

ちょっと読みにくいですかね(^^;)

覚えてほしいのはひし形は品質検査なんだ!という事

四角は数量の検査なんだという事です。○は加工です。ここら辺は良く出てくる記号なので知っておいて損はないです。

【QC工程図の読み方のポイント】

さて基本的な記号を覚えていただいたところで、実際の読み方についてお話ししようかと思います。

筆者はQC検定2級を昨年取得しました。その教科書に一番ページを割いて書かれていること、および実務経験や本STSの隊長佐竹氏にもコンサルいただいてQC工程図の読むときのポイントを一言で言うと

「QC工程図は、QC工程図に記載されていないところを着目する!」

です。うーんわかるようで分からないですよね?笑

なぜそんな風にひねくれたもののみかたをしないといけないか?というと、ほとんどの不良はQC工程表に書かれていない、異常な処置をしてしまったがために市場に不良品として流失してしまうからです。

したがって、異常処置までしっかり書かれており、何が異常か定義できている工程がよりよい工程表だといえます。

【異常の定義の明確にするための方法~4Mについて~】

QC3級の基本的な教科書には以上の定義を明確にする手法として

、生産の4つの要素である、

1.Man 人

2.Machine 機械・設備

3.Material 部品・材料

4.Method 方法

にわけて異常とはどんな状態か?を明確にしておくとよいとあります。

何故異常を明確に定義しないといけないかというと

あいまいな判断を極力抑えないと、後工程に不良品を流してしまう可能性が

高くなりますし、処置が遅くなり異常が拡大することもありうるからです。

ポイントとしては、

この工程は人が作業するんだから、何がないといけないんだろう?

この設備にはどのタイミングで、材料を補充するんだろう?

この部品はどのようにほかんするんだろう?

など、自分がこの工程の作業員になったつもりで、

 

ロールプレイしてQC工程表をみると、異常処置やQC工程表に書かれていないことが見つかりやすくなりますのでお勧めです。


私たちは人気ブログランキングに参加しています。


我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。


人気ブログランキングへ

 


Freemailmagazine-logo

登録は上のBannerをクリックしてください!


kojinconsulting-banner

個人向けコンサル始めました!

エンジニアとして1段上のレベルを目指しましょう!!(*’▽’)

 


 チャリティーご協力のお願い


私達は実装技術に関する情報発信を行っております。

また、無料公開セミナー等を、計画しております。

ご協力頂ける方、ご支援頂ける方は、以下のチャリティー商品の検討をお願いいたします。

 


はんだ付け教材のご紹介


1) 全10回の講義内容・・・35スライド分の教育用テキスト

2) テキストの解説書(47枚)付き・・・約55,000文字

3) 講義動画・・・約126分(1回あたり12分)

仕事が終わった後からでも、充分に成長できる構成になっています!

 


評価基板のご案内


1.評価用基板

2.各種データ(ガーバーデータ、CADデータ等)

※①図研 CR-5000 Board Designer ②図研(YDC製) CADVANCEαⅢ

作成のバージョンは13です。もしくはDXFファイルに変換して確認してください。

3.設計のコンセプト資料

※設計理論についての資料(12p)をpdfファイルで送付します。

 

詳細を知りたい方は、ココをクリック!

 

ご購入は以下からか、直接お問い合わせください。


最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング