会社を成長させよう!コンサルを雇う会社と雇わない会社の違いって何?

  • 0
009

会社を成長させよう!コンサルを雇う会社と雇わない会社の違いって何?

新年ですし、昨年よりも会社を成長させたいですよね。

より速く成長するためにも、コンサルを雇う事を検討してみて下さい。実際にコンサルを雇う会社と雇わない会社では、大きな違いがあります。

 

経営のトップであるあなたは、実力のあるコンサルタントを活用すべきだと思います。

それほど世の中の変化のスピードが速いからです。

bunseki

 

不思議なもので、好調企業や業績の良い企業ほどコンサルティングの仕事を依頼してくるのです。

 

成長企業のほうが、経営のノウハウをさらに充実させたい、と考えるからではないでしょうか。

ところが、中途半端な企業ほど、コンサルタントの起用に反対の経営幹部がいるから面白いものです。

x5

 

 

たぶん・・・
1) コンサルタントが言ったり、指導する程度は自分達ができるはずだというプライド。
2) わが社は特別だから、わが社の風土や体質に外部の風は合わない。
3) コンサルタントを起用する前にやるべき課題がたくさんあるはずだ。

こんな理由が多いのかなぁ、と思います。

 

 

業績が冴えない企業や、外部環境の変化に鈍感な企業ほど、何でも自分たちでやろうとしてうまくいかないことが多いのです。
この工場の工程は、わが社のノウハウですよ!と言われて行ってみると・・・

時代遅れの大型ロボットがサイクル・タイムに関係なく仕掛り品を大量に造っているだけだったりします。

 

 

 

doryoku3

真面目な努力は評価できますが、ビジネスを展開するうえで重要なことは、最新の情報を活用する事と、外部の力を徹底的に利用し自社の企業の成長性に加速をつける事ではないでしょうか。

 

 

 

 


私たちは人気ブログランキングに参加しています。


我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。


人気ブログランキングへ

 


チャリティーご協力のお願い


私達は実装技術に関する情報発信を行っております。

また、無料公開セミナー等を、計画しております。

ご協力頂ける方、ご支援頂ける方は、以下のチャリティー商品の検討をお願いいたします。

 


はんだ付け教材のご紹介


1) 全10回の講義内容・・・35スライド分の教育用テキスト

2) テキストの解説書(47枚)付き・・・約55,000文字

3) 講義動画・・・約126分(1回あたり12分)

仕事が終わった後からでも、充分に成長できる構成になっています!

 


評価基板のご案内


1.評価用基板

2.各種データ(ガーバーデータ、CADデータ等)

※①図研 CR-5000 Board Designer ②図研(YDC製) CADVANCEαⅢ

作成のバージョンは13です。もしくはDXFファイルに変換して確認してください。

3.設計のコンセプト資料

※設計理論についての資料(12p)をpdfファイルで送付します。

 

詳細を知りたい方は、ココをクリック!

 

ご購入は以下からか、直接お問い合わせください。

 


Leave a Reply

CAPTCHA


最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング