フラックスの熱劣化と増粘について★不良が増えちゃうよ!

  • 0
16

フラックスの熱劣化と増粘について★不良が増えちゃうよ!

フラックスは熱を加え過ぎると、劣化して増粘してしまいます。

いわゆる、フラックスの熱劣化というやつです。

kazann

 

通常リフロー温度プロファイルで言うところの「予熱温度帯」は、約150℃~180℃の事を示す場合が多いです。

しかし、私は 「はんだの融点以前」は、すべて予熱だと思っております。
なぜなら、我々が生活している常温という温度域ですら、はんだ合金にとっては高温領域であるからです。

 

 

 

フラックスの色


皆さんはフラックスの色をご存知でしょうか?

フラックスの色は「淡黄色透明」です。

h2o

 

これはメーカーから発行される試験成績表や仕様書、MSDSなどに記載がありますので一度確認してみてください。

「淡黄色透明」というのは、どのような色なのでしょうか・・・?

それは、ものすごく薄い黄色の、ほとんど透明色、ということになります。

 

この状態では、フラックスの挙動を正しく判定することができません。

多くの実体顕微鏡やマイクロスコープ、動画観察機器などは、対象にあてた可視光が反射したものを撮像する事で映像化しています。

hansya

 

我々人間が持っている目と同じ理屈です。

そのため、淡黄色透明であるフラックスを確認しようと思っても、光が乱反射してしまうために正しくフラックスの挙動を確認することができません。

 

 

フラックスを着色して熱劣化の様子を観てみよう!


動画などで観察する際に、フラックスが持つ本来の色の場合、とても挙動が確認しにくいので、着色して挙動を観察してみましょう!

今回は赤色に着色してみました。

 

ポイントは、熱を加えた時間と、徐々にフラックスが増粘していく様子です。

対流が、どんどん遅くなっていきますので観てみて下さい。

 


増粘して対流が遅くなれば、色々な不具合に繋がることは想像しやすいですね!

このような事にならないように、過剰加熱にはご注意下さい!

 

 


私たちは人気ブログランキングに参加しています。


我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。


人気ブログランキングへ

 


チャリティーご協力のお願い


私達は実装技術に関する情報発信を行っております。

また、無料公開セミナー等を、計画しております。

ご協力頂ける方、ご支援頂ける方は、以下のチャリティー商品の検討をお願いいたします。

 


はんだ付け教材のご紹介


1) 全10回の講義内容・・・35スライド分の教育用テキスト

2) テキストの解説書(47枚)付き・・・約55,000文字

3) 講義動画・・・約126分(1回あたり12分)

仕事が終わった後からでも、充分に成長できる構成になっています!

 


評価基板のご案内


1.評価用基板

2.各種データ(ガーバーデータ、CADデータ等)

※①図研 CR-5000 Board Designer ②図研(YDC製) CADVANCEαⅢ

作成のバージョンは13です。もしくはDXFファイルに変換して確認してください。

3.設計のコンセプト資料

※設計理論についての資料(12p)をpdfファイルで送付します。

 

詳細を知りたい方は、ココをクリック!

 

ご購入は以下からか、直接お問い合わせください。


Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング