【隊長のピンポイント・レッスン1】何故はんだってSnなの?

  • 0
sn-kakusan

【隊長のピンポイント・レッスン1】何故はんだってSnなの?

隊長のピンポイントレッスン!として、今回からpinpointに1項目の解説を行います。

栄えある第1回は、何故はんだってSn(錫)なの?という疑問への回答です。

 


そもそも「はんだ」ってどんな合金?


よく考えてみれば、何をもって「はんだ」と呼ぶのか疑問ですよね!?

私も、この業界に入ったばかりの頃は、同じ疑問を持っていました。

 

まずは下の図を見て下さい。

solder-sosei

 

よく見ると…

どの「はんだ組成」もSnを使用した合金になっている事が解ります。

 

 

厳密にはSnを使用しない「はんだ」も存在するのですが、基本的に「はんだ」とは

【Snを主体とした合金】

になります。

 

 

つまり、Snに何かの金属を混ぜて「はんだ」にしているわけです。

「はんだ」= Sn + 何かの金属

という事ですね。

 

 

でも、どうして「はんだ」にはSnが使用されるのでしょうか・・・?

 

 

 


何故はんだにはSnが使用される?


先に結論から言います。

Snは、非常に拡散係数の高い金属なのです。

 

つまりSnは拡散しやすい金属である為、接合しようとする相手側の金属内に、容易に入り込んで行くのです。

だから、接合しやすい(合金層を形成しやすい)のです。

 

その他の主な理由も加えると…

  • Snは拡散しやすい金属である
  • 合金化しやすい
  • 入手性が良い
  • 割合 安価である(地金相場によるが)

といった理由があります。

 

 

主に基板実装に使用される金属の拡散係数を見てみましょう。

sn-kakusan

 

 

接合される側である、Cu等と比較して拡散金属が圧倒的に高い事が解ります。

だからSnが使用されるんですね。

 

 

どうでしたでしょうか?

「はんだ」って何!?

「はんだ」にSnが使用される理由!?

が解って頂けたでしょうか?

 

 

また次回、ピンポイントレッスンでお会いしましょう。

※リクエストピンポイントも受け付けています。


Freemailmagazine-logo

登録は上のBannerをクリックしてください!


 

 


私たちは人気ブログランキングに参加しています。


我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。


人気ブログランキングへ

 

 


 チャリティーご協力のお願い


私達は実装技術に関する情報発信を行っております。

また、無料公開セミナー等を、計画しております。

ご協力頂ける方、ご支援頂ける方は、以下のチャリティー商品の検討をお願いいたします。

 


はんだ付け教材のご紹介


1) 全10回の講義内容・・・35スライド分の教育用テキスト

2) テキストの解説書(47枚)付き・・・約55,000文字

3) 講義動画・・・約126分(1回あたり12分)

仕事が終わった後からでも、充分に成長できる構成になっています!

 


評価基板のご案内


1.評価用基板

2.各種データ(ガーバーデータ、CADデータ等)

※①図研 CR-5000 Board Designer ②図研(YDC製) CADVANCEαⅢ

作成のバージョンは13です。もしくはDXFファイルに変換して確認してください。

3.設計のコンセプト資料

※設計理論についての資料(12p)をpdfファイルで送付します。

 

詳細を知りたい方は、ココをクリック!

 

ご購入は以下からか、直接お問い合わせください。

 

 

 


Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング