冷却速度の実験

  • 0

冷却速度の実験

こんばんわ。以前に鉛フリーのざらつきについて、冷却速度による変化の簡易的な実験で、その表面状態の変化について書きましたが、実際のリフロー炉での実験をする機会がありましたので、実際にやってみました。

温度プロファイルは、ほとんど変えずに、冷却勾配のみ変えてみました。すると銅板での簡易実験と同じように、冷却速度を速くするとはんだの表面に変化がでてきました。冷却速度をある標準の条件から倍速くすると、光沢が出ています。見た目がきれいになったと思いませんか。この結果の前提には、フラックスを劣化させず加熱した場合に限りますので、その点は注意してください。当然フラックスが劣化した状態ではんだ付けをすると、固まったはんだの表面はざらつきます。それではまた・・・。

pic23458 pic23459 pic23460 pic23461

 


私たちは人気ブログランキングに参加しています。

我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク





Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング