オシロスコープの使用中忘れがちなこと~オシロは共通グラウンド!~

  • 0

オシロスコープの使用中忘れがちなこと~オシロは共通グラウンド!~

品質解析の現場では、オシロスコープであの波形も見たい、
この波形も見たいとついつい何本もプローブを接続してしまいます。

ある日、基板調査中、アクチュエーターを動作させながら、ある波形を観察しようと
プローブを追加したところ、「ぱちん!」と基板から火花が出ました。

見ると基板の一部は少し焦げていて、いやーなにおいが・・・

もうその基板は廃却するしかありません。

そうです。熟練の技術者の方はご存知かと思いますが、オシロスコープは

「共通グランド」なのです。

つまり、最初に波形観察していたプローブと、追加したプローブとで回り込み回路

を形成しショートが起きたのです!

アクチュエータを動作させるような基板やパワエレ基板ではワンプローブで波形を観察することが基本です。

2波形以上波形を観察したい場合は安易にプローブを追加してはいけません。

大げさかもしれませんが、作業手順書を作成し、慎重に作業を進めることが

安全のために必須です。

その場で思いついた作業を安易に追加してはいけないのです。

もしくは、メモリハイコーダのような、各CHが絶縁させているような
計測器で波形を観察することが多数の波形観察では必須です。

各CHが絶縁されていて、回り込み回路が発生しないから火花を拭く事もないわけです。

ではまた次回


Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング