シリコーン生成物による接点障害

  • 0
シリコーン

シリコーン生成物による接点障害

品質解析担当中嶌です。

今回は以前説明した、シリコーンによる接点障害について説明します。

接点にシリコーンがつくと何が問題?

シリコーン

接点は開閉する際、「アーク」を発生します。

このアークによって、シリコーンが接点周囲にあった場合、
アーク熱によりシリコーンがガス化し分解されます。

その後接点表面にガス化したシリコーンがシリコーン酸化物として付着します。

付着したシリコーン酸化物は絶縁体のため、接触不良となるため、注意が必要です。

どんなシリコーンが問題?

気になるのは、すべてのシリコーンが問題になるの??ってことです。

じつは、シリコーンのうち低分子シロキサンが問題になります。

「低分子??シリコーンすくなそうでええやん!!」そう思ったひといます?私だけ?

実は、低分子シロキサンは、分子量のわりに沸点が低く、揮発しやすいのです。

ちなみに、STSでは皆さんご存知揮発と沸騰は別の現象です。

沸点の前でも、揮発はします!

ポイントは分子量が小さいシロキサンが沸点が低いんだ!と覚えていただきたいです。

特に環状シロキサン3量体~20量体(D3~D20)が特に問題となります。

低分子シロキサンの対策

低分子シロキサンの対策は、接点付近にシリコーンと名の付くものを置かないことが一番の対策。。。ということで!!

どんなものがシリコーン含まれるのか?きになりますよね!代表例を記載します。

①オイル
②接着剤
③チューブやゴム

その他のシリコーン対策

どうしてもシリコーン使いたいんや!!そんなあなたにその他の対策を教えましょう!

①アークの起きない電圧、電流の小電力領域で使用する
アークが発生して、その発熱で、シロキサンがガス化するので、アークが発生しないようにするってことです。

②外気を遮断するタイプの構造にする
シロキサンガスが入ってこないようにするということで、シールタイプの接点を使うという事です。


Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング