USBスペアナはノイズに弱い

  • 0

USBスペアナはノイズに弱い

若手品質解析担当者の中嶌です。

今回は解析によく使用する機器としてかってに、3種の神器(テスター、オシロ、スペアナ)ではないかなと思っている、スペアナについてちょっと面白いことを聞いたのでお話しします。

 

スペアナとは、スペクトラム・アナライザーのことです。(下の図みたいなもの)

「スペアナ」の画像検索結果

【どんなことができる機械か?】

スペアナを使うと、いろいろな成分が混じった信号から、周波数の成分に分解できる装置です。

信号成分の解析にはもってこいのツールだと思います。

 

【スペアナの問題】

このスペアナなのですが・・・むっちゃ高いです。20万以上とか、100万以上するものがざら

です。そこからケーブルだの何だのそろえてると予算が・・・(><)予算が・・・(><)

というわけで,

最近では価格を抑えた、モニター一体型のスペアナではなく、

USBタイプのスペアナがあります。

表示部分がPCになるので、軽い・安いといいことづくめな気がしました。

ですが、USBタイプのスペアナは一つ弱点があります。

使用するPCやUSBケーブルから伝わるノイズが影響して、EMCなどノイズを測定すると

精度がよくないそうです。

「はかりたいのはノイズだよ!」と心の中でつっこみつつ、ふと思いました。

私は、なんでもできる計測器を選びがちなのですが、その場合大概高くて予算が足りません。

でも、中途半端なスペック(かつまあまあ高い)のものを買うくらいなら

「うちの計測器は××しかできないです!!でも他社より圧倒的に○○ができます!!」

とかいう計測器が複数あった方が実際便利な気がします。

自分が計測器の営業マンになった時には、そういう商品を売りたいなあ・・・

ではまた!

 


私たちは人気ブログランキングに参加しています。

我々の活動を応援して頂ける方は下のlogoをポチっとして下さい。

人気ブログランキングへ

 

 


Leave a Reply

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング