はんだ付けにおける加熱しすぎのサイン

  • 0

はんだ付けにおける加熱しすぎのサイン

みなさんこんばんは。久しぶりに投稿します。はんだ付けにおいて、加熱しすぎのサインって、何を想像しますか?フラックスの劣化によるはんだツノ、イモはんだ、はんだ表面がガサガサ、フラックスの焦げなどあります。リフロー加熱においては、フラックス残渣のクラックも加熱しすぎた痕跡のひとつの指標になります。

某大手メーカーのデジカメのメイン基板です。フラックス残渣が割れています。他を見ても加熱しすぎのサインが出ていました。

%e6%9f%90%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9d%bf%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e6%ae%8b%e6%b8%a3%e5%89%b2

“Read More”

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

現在のランキング